横浜文化プログラム2020とは?

横浜を音楽とダンスで盛り上げたいミュージシャン&ダンサーが、9~11月にみなとみらい21地区など市内各所で観覧無料の音楽&ダンスステージに出演します。
ポップス、ジャズ、ヒップホップから吹奏楽、日本舞踊まで、公募によるアーティストからゲストアーティストまで、まさにオールジャンルの音楽&ダンスの祭典を、十分な感染症対策の上に開催しますので、横浜にお越しの際には是非お立ち寄りください。アーティストと一緒に、笑顔に、元気になれればと思います。
なお、ご来場できない方も楽しんで頂けるよう、YouTubeでのライブ配信(https://www.youtube.com/user/ArtsYokohama)も予定しています。

 

横浜文化プログラム2020開催概要

【内  容】 オールジャンルの音楽&ダンスのステージイベント
【出 演 者】 公募によって選ばれたアーティスト、ゲストアーティスト(約 160組 500人)
【期  間】 2020年9月19日(土)~11月23日(月・祝)の土休日 計22日
【会  場】 横浜市内各所の商業施設や駅前広場などのオープンスペース
【料  金】 観覧無料
【主  催】 横浜アーツフェスティバル実行委員会
【主な感染症対策の内容】
■出演者に対して:ステージの広さに応じた出演者の人数制限、検温、使用機材の消毒など
■観覧者に対して:マスクの着用、声援の禁止、観覧者間の距離の確保、消毒の徹底など

 

プロデューサー

大前光市
【ダンス分野】 大前 光市 (おおまえ こういち)
交通事故で左足を失ったダンサー。
大阪芸術大学 舞台芸術学科 舞踊コース卒業
Chacott「トリピュア」イメージキャラクター
しながわ2020スポーツ大使
岐阜県芸術文化奨励賞受賞
左足を失ってからクラシックバレエやコンテンポラリーダンス以外に、ピラティス、男子新体操、武術、日本舞踊、スレッド、ボーンブレイク、タットなどを自身のダンスに取り入れる。
30歳を過ぎてから国内外のコンクールにて多数の一位を受賞する。
2016年 リオデジャネイロの大舞台にて片足4回連続バク転をし世界中を驚かせる。
2017年 紅白歌合戦にて平井堅と共演、その後のNHKスペシャルで特集され大反響を呼ぶ。
2018年 MGMに招待され米国ラスベガスにてJABBA WOCKEEZ「jreamz」に出演。
宮本亜門、鼓童、山本寛斎、Ai(歌手)、MIYAVI、はるな愛、白石加代子、宗次郎(オカリナ奏者)、津村禮次郎(能楽師)、森山開次、AlessioSilvestrin、近藤良平、平山素子、辻本知彦らと仕事をし国内外の舞台だけでなく、テレビ、ラジオ、GQなどのファッション雑誌やCMなどメディアへの出演も多い。
新井 鷗子
【音楽分野】 新井 鷗子 (あらい おーこ)
東京藝術大学音楽学部楽理科および作曲科卒業。
NHK教育番組の構成で国際エミー賞入選。これまでに「読響シンフォニック・ライブ」「題名のない音楽会」「エンター・ザ・ミュージック」等の番組、コンサートの構成を数多く担当。東京藝大COIにて障害者を支援するワークショップやデバイスの研究開発に携わる。
著書は「おはなしクラシック」(アルテスパブリッシング)、「頭のいい子が育つクラシック名曲」(新星出版)、「音楽家ものがたり」(音楽之友社)等。
東京藝術大学特任教授、洗足学園音楽大学客員教授。
横浜音祭り2013、2016、2019ディレクター。
横浜みなとみらいホール館長。

PAGE TOP