3年に一度のダンスの祭典

躍動する横浜を見に行こう 2018.8.4(Sat)-9.30(Sun)

翻訳はWOVN.ioの自動翻訳を使用しています

language
  • FaceBook アイコン
  • Twitter アイコン
  • YouTube アイコン
  • Instagram アイコン

Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018

フランスと日本の芸術的なコラボレーションをお楽しみください。

リヨンと横浜、二つのダンスフェスティバルのつながりが、Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018に結実することをとても嬉しく思っています。先鋭的な作品も親しみやすい作品も紹介するこのフェスティバルのプログラムは、初めての人、ダンス通、好奇心の強い人、ファミリーなど、あらゆる観客層に向けられています。



 Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018のインターナショナル・プログラムは、二つの軸に基づいています。一つは、マース・カニングハム、ウィリアム・フォーサイス、アクラム・カーンといった20世紀と21世紀の巨匠へのオマージュ。もう一つは、セシリア・ベンゴレアとフランソワ・シェニョー、マチュラン・ボルズ、ジャンヌ・ガロワ、カデル・アトゥといった、フランスの新世代のクリエーターの紹介です。



 このプログラムは、最高にクリエイティヴな現代サーカスや、コンテンポラリーダンスにおけるストリートダンスの多様な影響、厳密さと変容を示すヒップホップをお見せすることで、舞踊芸術の多様な側面も明らかにするでしょう。今日、創作は、大いなる発想の源であるハイブリッド(異種混淆)の芸術としてしばしば現れているのです。

 未来の観客となる子どもたちのことも、忘れてはいません。子どもたちは、詩情に満ちた成長物語を通して、アクラム・カーンの芸術的宇宙に入り込む大きな幸運を得るでしょう。



 このDance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018のインターナショナル・プログラムと、私のアーティスティック・ディレクターの仕事のクライマックスは、日本とフランスの協働プロジェクト「トリプルビル」のクリエーションです。

 私たちの文化交流が意義深いものになるには、日本のダンサーとフランスの振付家との芸術的なコラボレーション・プロジェクトの推進が不可欠だと私には思われました。私はカデル・アトゥとジャンヌ・ガロワに、日本の優れた5人のヒップホップダンサーが踊る新作を、それぞれ横浜で創造することを提案しました。

 このプログラムは、才能に満ちた日本人振付家で、フランスでは初めて紹介されるダンス・カンパニー、東京ゲゲゲイの振付家であるMIKEYの作品と一緒に上演されます。



Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018のチーム全員と一緒に仕事ができることを、私はとても光栄に思っています。

Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018ディレクター
ドミニク・エルヴュ 

(リヨン・ダンス・ビエンナーレ芸術監督/メゾン・ドゥ・ラ・ダンス(リヨン)芸術監督 フランス在住)