3年に一度のダンスの祭典

躍動する横浜を見に行こう 2018.8.4(Sat)-9.30(Sun)

  • FaceBook アイコン
  • Twitter アイコン
  • YouTube アイコン
  • Instagram アイコン

Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018

みんなで踊る、オリジナルダンス「レッド・シューズ」が完成しました!

2018.05.24

9月30日(日)はグランモール公園に集合!
コンドルズ主宰・近藤良平 振付・演出
みんなで踊る、オリジナルダンス「レッド・シューズ」が完成しました!

Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018では、プロ・アマチュアを問わずオールジャンルのダンサーが横浜の各所でパフォーマンスを行う無料のダンスステージ「横浜ダンスパラダイス」を実施します。
その最終日、9月30日(日)のフィナーレスペシャルプログラムで皆で踊るオリジナルダンス「レッド・シューズ」が完成、映像公開されましたのでお知らせします。

みんなで踊ろう!『レッド・シューズ ‐Red Shoes』 Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018
https://www.youtube.com/watch?v=YxuD5wCpcz8&feature=youtu.be

フェスティバル最終日9月30日(日)には、ダンスパラダイスに参加したダンサーや観客がグランモール公園 美術の広場に集結し、ディレクターのコンドルズ主宰・近藤良平振付のオリジナルダンス「レッド・シューズ」を一斉に踊ります。
ぜひ、「レッド・シューズ」を覚えて皆で踊りましょう!

■オリジナルダンス「レッド・シューズ」概要
童謡「赤い靴」をエチオピアンジャズ風にアレンジ。振付はコンドルズ主宰・近藤良平。


近藤良平さん コメント
『童謡「赤い靴」をモチーフにしたオリジナル音源とオリジナルダンスを創作しました。今年の Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018 を楽しんでもらうためにもぜひ、この「ダンスの贈り物」が皆さんに届くことを願います。』

◇映像ディレクションは新進気鋭のアーティスト西野正将が担当
横浜美術館「アイドル!」「中之条ビエンナーレ2015」や「黄金町バザール2016」への出品、映像ディレクターを務めた金沢市竪町の動画が公開から1ヶ月で100万再生突破するなど、いま注目の若手アーティスト。

◇楽曲制作は「チャンキー楽団」  
 URL
チャンキー楽団からのコメント
『ブラジル、ジャマイカ、キューバ、アフリカなど、世界各地のルーツ音楽に精通しているメンバーたちで、童謡「赤い靴」を、エチオピア・ジャズ的な要素を盛り込みながらアレンジしました。横浜の港はアフリカへも通じていた!一度聴いたら忘れられないヘンテコでごきげんな音楽と一緒に、みんなで楽しく踊りましょう。』
メンバーは稲田貴貞(テナーサックス)、小西英理(ピアノ)、坂口修一郎(トランペット)、しみずけんた(カバキーニョ)、チャンキー松本(歌)、南條レオ(パーカッション)、ぽん宇都良太郎(ベース)、岡田カーヤ(アルトサックス)。
◇映像は、横浜中華街、横浜港大さん橋国際客船ターミナル、YCC ヨコハマ創造都市センターなどの横浜各所で撮影 (撮影協力:横濱媽祖廟)

■横浜ダンスパラダイス 出演者募集中!
 プロ・アマチュアを問わないオールジャンルのダンスチーム・ダンサーを募集中。
 舞台は横浜市内の商業施設、駅前広場、ショッピングストリートなどの多くの人々でにぎわうオープンスペースです。
 日程:8/11(土)、8/18(土)、8/25(土)、9/1(土)、9/8(土)、9/15(土)、9/22(土)、9/30(日)
 出演組数:約200組 ※個人の参加も可能
 参加費:1人 ¥1,500 (大学生以下無料)
 締切:6月12日(火)
※エントリーについてはWebサイトをご覧ください。( https://paradise.dance-yokohama.jp